マイページ ・ サイトマップ ・ 会社案内 ・  ・   

ホーム気配り宅配食事のこだわり品質の安全性ご利用者様の声問合せ
 

ウェルネスダイニングでは管理栄養士が、
健康に役立つ情報や知識をメールマガジンで毎週配信しております。
こちらのページでは配信したあったか健康情報のバックナンバーを掲載しています。

ぜひご自宅のパソコンや携帯で最新の健康情報をご覧いただければと存じますので、
ご希望の方は下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押してください。
毎週金曜日に健康に役立つ情報をお届けいたします。

2015年  2016年  2017年  2018年

 

2018年12月21日


【冬はもも肉よりむね肉!嬉しい栄養素としっとりおいしい食べ方】

 こんにちは!
毎週金曜日にお届けしている【管理栄養士からのあったか健康通信】です!
今週は小野が担当します。
 
突然ですがみなさん、鶏肉は好きですか?
実は鶏肉の消費量は私、小野の出身地である大分県を含む九州が
上位を占めているんですよ。
大分には「鶏天」という郷土料理があり、よく食べていました。

鶏肉料理の定番、唐揚げといえばジューシーなもも肉を使いますが、
鶏天にはむね肉をよく使います。 もも肉と違ってむね肉にはどんな栄養があるのか、
またむね肉のおいしい食べ方をお伝えします。

▼たんぱく質だけじゃない!嬉しい鶏むね肉の栄養素
鶏肉の栄養素と言えばたんぱく質というイメージがあるかと思いますが
たんぱく質以外にも魅力的な栄養素が含まれています。

その中でも、今回はむね肉に多く含まれる栄養素を2つご紹介します。

1.ビタミンB6
魚類に多いイメージのビタミンですが、鶏肉でも摂ることができます。
魚が苦手な方は積極的に鶏肉を食べましょう。
ビタミンB6には健康な皮膚をつくる働きがあるため、お肌の調子を整えてくれます。
乾燥が気になるこの季節にぴったりですね!

2.ナイアシン
ナイアシンはお酒を分解するのに必要なビタミンの一種です。
二日酔いの原因になるアセトアルデヒドという物質の分解を助けてくれます。
これからの忘年会が多くなる季節は、
「お酒とセットで鶏むね肉!」と覚えておいて下さいね。

ちなみにビタミンB6とナイアシンはお互いに助け合う特徴があるため、
2つを同時に摂れる鶏肉は効果がより期待できる食材といえますね。
さらに、鶏もも肉と比べると鶏むね肉には
ナイアシンは約2倍ビタミンB6はなんと2倍以上含まれます!
このように安くて低カロリーな鶏むね肉でも
嬉しい栄養素がしっかり摂れます。
 
▼パサパサしない!安くてもしっとりおいしい食べ方

先程紹介した鶏むね肉。
嬉しいポイントがたくさんあるとはいえ
パサパサして食べづらい印象がありますよね。
そこでここからは鶏むね肉をおいしく仕上げるコツを2つご紹介します!

1.調味料をあらかじめもみこんでおく
あらかじめ砂糖や塩をもみこみ下味をつけておくと
鶏肉の水分が保たれるためパサパサしづらくなります。
また、肉の臭みもとってくれるためより食べやすくなります。
さらに小麦粉をまぶし、鶏肉をコーティングしてから、
唐揚げやホイル焼きにすると、しっとりおいしく食べることができます。

2.加熱しすぎない
強火で長く火を加えると、 せっかく下味をつけて保った水分が外へ出てしまいます。
加熱時間を短くするため、
調理前に肉を冷蔵庫から取り出し室温に戻しておきましょう。

さらに余熱をうまく利用すればより短い加熱時間で調理できます。
唐揚げを作る際も短い時間で一度揚げた後
4分程おいて余熱でじっくり火を通し、
更にニ度揚げするといいですよ。
一度に長い時間をかけて火を通すより、
外はカリッと中はしっとりジューシーな仕上がりになります。
簡単にできる調理方法ですのでぜひ試してみてください。

おいしく調理した鶏むね肉でしっかり栄養を摂りましょう!

 --------------------------------------------------------
 最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

 発行人/長崎 彩(管理栄養士)


お申し込み・お問い合わせ先は
腎臓病食や糖尿病食をお探しの方はぜひ『ウェルネスダイニング』へお問い合わせください。メールでのお問い合わせはこちらをクリック